VOD ライフハック

【2020年版】おすすめVOD一覧

 

みなさんおはこんにちは!

くまでです。

最近は誰もが登録している動画配信サービス(VOD)について詳しく紹介します。

最近よく聞くVODってなに?
動画配信サービス始めたいけどいっぱいあってどれがおすすめか分からない

この記事はそんな悩みを解決します。

VODとは

ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand)の略です。動画配信サービスともいいます。

視聴者が見たいときに様々な映像コンテンツを見ることができるサービスの事ですね。

  • 公開済の映画
  • 放送済の番組
  • オリジナル映像

動画配信サービスに登録することで、スマホやタブレット、またはそれらをTVにつなぐことで自宅や移動中などに

映像コンテンツを視聴することができます。

最近では映像だけでなく雑誌や漫画といった電子書籍も配信しているサービスもあります。

VODは何種類ものサービスがあり、どれを選べばいいか悩んじゃいます。

そんな悩みを解決できるよう、これから説明していきますので安心してください。

 

VODのメリット・デメリット

まずは簡単にVODのメリット・デメリットをご説明しておきます。

もう先にお伝えしちゃいますが、圧倒的にメリットのほうが大きいです。

VODに登録するメリット

 

メリット

  1. 大量の動画が見放題!
  2. オリジナル作品が見れる!
  3. コスパ最強!
  4. 家族や友達と共有できる!
  5. 追加料金で最新作も見れる!
  6. 借りる返すの手間がはぶける
  7. どこでも観られる

 

①大量の動画が見放題

大量の映画や番組、雑誌や漫画を見れるのがVODの一番のメリットと言えるでしょう。

 

②オリジナル作品が見れる

各サービスでは地上波で放送されない、オリジナルの作品を配信しています。

どれもが地上波では楽しめないような内容でとてもおすすめの動画となっています。

有名な作品を紹介しておきます。2つともAmazonプライム・ビデオで見ることができます。

HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン7 予告編

バチェラー・ジャパン 予告編

 

Amazonプライム・ビデオで見る

 

③コスパ最強

月額〇円~〇円で大量の映画が見放題なわけですからお得でしかありません。

一部最新作を見たいときには追加でお金を払う必要があります。(月額料金に上乗せではありません。)

 

④家族や友達と共有できる

ほとんどのVODでは、1人分の料金で複数のアカウントを作成することができます。

例えば4人家族の誰か1人が登録すれば、他の3人は無料で動画を見ることができます。

もちろん一つの端末で見れるって意味ではないですよ!

お母さんのiPhoneで会員登録したら、お父さんのiPadや子供のスマホでも見ることができますよ!

 

⑤追加料金で最新作も見ることができる

VODは基本的には少し古い作品を見ることができます。

が、追加で料金を支払うことで、最新作の動画も見ることが可能になります。

 

⑥借りる返すの手間がはぶける

みなさん今までは映画を見るとなると近くのレンタルビデオ店に行って借りて、見終わったら返すといった面倒なことをしていたはずです。

店で選ぶのが好きといった方は別ですが、、、

VODはそういった面倒な貸し借りの手間をはぶいてくれます。

画面をタップするだけで映画が見れちゃいますからね。

 

⑦どこでも観られる

Wi-Fi接続時にダウンロードしておけば、外出先でも通信料なしに作品を見ることができます。

 

VODのデメリット

 

デメリット

  1. 有料であること
  2. VOD廃人となる
  3. サービスがいっぱいあり選ぶのに困る
  4. 最新作は少ない
  5. ネット環境が必要

 

①有料であること

当然のことだとは思いますが、月額料金がかかってきます。

ただ、それを払う以上のメリットがVODにはあることは確かです。

 

②VOD廃人となる

大量の映像を見れるという事ははまってしまっては抜け出せなくなるという恐ろしさもあります。

特にこわいのは、海外ドラマ。

面白い上に、長編のものがおおく、あっという間に時間が過ぎ去ってしまいますよ。

 

③サービスがいっぱいあり選ぶのに困る

いくつもVODサービスがあるため、多くの方はどれを選べばいいか一番最初に悩むと思います。

ただ、この記事でおすすめのサービスを紹介しますので、この悩みはすぐに解決できるはずです。

 

④最新作は少ない

最新作の映画をすべて見れるというわけではありません。

皆さんが見たい映画が、上映後すぐに見れない可能性もあります。

さらに最新作は追加で料金を支払う必要があります。

 

⑤ネット環境が必要

ネットの環境が無いと、映画をダウンロードすることはできませんよね。

こちらに関しては、ほとんどの方はクリアしているかなとは思います。

むしろ今のご時世、ネット環境よりもDVDプレイヤーを持っている方のほうが少ないかもしれませんね。

 

おすすめVOD6選

 

Netflix(ネットフリックス)

 

ポイント

値段:月額800円~1800円(税抜き)

配信動画本数:非公開

無料期間:なし(2019年12月3日に無料サービス終了)

ジャンル:オリジナル作品、映画、ドラマ、ドキュメンタリー、アニメ

 

特徴

  • 契約者数:世界で1億3000万人
  • 選べる3つのプラン
    ①ベーシックプラン:月額800円
    標準画質のみ視聴可能、1つのデバイスで視聴可能
    ②スタンダードプラン:月額1200円
    高画質で視聴可能、同時に2つのデバイスで視聴可能
    プレミアムプラン:月額1800円
    高画質と超高画質で視聴可能、同時に4つのデバイスで視聴可能)
    ※いつでもプランの変更可能。どちらかというと高画質がおすすめ!

 

Netflixを始めてみる

 

U-NEXT

 

ポイント

値段:月額1990円(税抜き)

配信動画本数:14万本以上

無料期間:31日間

ジャンル:映画、ドラマ、アニメ、漫画、雑誌、書籍、アダルトコンテンツ

 

特徴

  • 動画見放題作品数がNo1
  • 漫画、雑誌など電子書籍が見れる
  • 作品を配信するタイミングが早め
  • 1つの契約で4アカウントまで作れる
  • 高品質の音と映像
  • 1990円の内に1200ポイント(U-NEXT内で使用できる)が支給され、
    新作レンタルや電子書籍を購入できる

 

U-NEXTを無料で試す

 

Hulu

 

ポイント

値段:月額933円(税抜き)

配信動画本数:6万本以上

無料期間:2週間

ジャンル:オリジナル作品、映画、ドラマ、アニメ

 

特徴

  • 高画質の映像
  • 海外ドラマのラインナップに優れている
  • 日本ドラマのラインナップも豊富である→見逃したドラマを見る時にはおすすめ
  • アニメのラインナップが多い為子供と楽しめる

 

Huluを無料で試す

 

Amazonプライム・ビデオ

 

ポイント

値段:月額454円(税抜き)

配信動画本数:1万本以上

無料期間:30日間

ジャンル:オリジナル作品、映画、ドラマ、アニメ、本、漫画、雑誌、音楽

 

特徴

  • Amazonプライム会員になればプライムビデオを見ることができる
    (プライム会員登録=プライムビデオ会員登録)
    すでにAmazonプライム会員なら登録なしでプライムビデオを始められる
  • プライムミュージック(200万曲以上)で音楽聞き放題
  • プライムリーディングで対象の本・漫画・雑誌が読み放題
  • Amazonフォトで写真を容量無制限に保存可能
  • Amazonプライム会員の特典が利用可能

 

Amazonプライム・ビデオを無料で試す

 

dTV

 

ポイント

値段:月額500円(税抜き)

配信動画本数:12万本以上

無料期間:31日間

ジャンル:映画、ドラマ、アニメ、音楽

 

特徴

  • ドコモが運営しているサービスだが、ドコモユーザー以外も利用可能
  • 国内動画配信サービスではユーザー数最多
  • コスパが良い(月額500円で12万作品が見れる)

 

dTVを無料で試す

 

FOD

 

ポイント

値段:月額888円(税抜き)

配信動画本数:6万本以上

無料期間:1ヶ月間

ジャンル:映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、バラエティー、漫画、雑誌

 

特徴

  • ドラマやバラエティー番組の見逃し配信あり
  • 漫画や雑誌コンテンツがある
  • フジテレビのスピンオフをお探しならおすすめ

 

FODを無料で試す

 

VODサービス丸わかり早見表

 

サービス 費用(月額/税抜) 無料期間 品数 おすすめ度(◎→〇→△)
Netflix 800円~1800円 なし 非公開
U-NEXT 1990円 31日間 14万本以上
Hulu 933円 2週間 6万本以上
Amazonプライム・ビデオ 454円 30日間 1万本以上
dTV 500円 31日間 12万本以上
FODプレミアム 888円 1ヶ月間 6万本以上

 

おすすめの運用方法

無料期間のあるものから試してみるのがおすすめ。

正直見れる動画は限られてるので、見たい動画を見つくしちゃうなんてこともあります。

そんな時は、別のサービスへ乗り換えたらいいんです( ´∀` )

今登録しているサービスを退会して、別のサービスへ乗り換えれば新たに見たい動画が見れちゃいますからね。

これ、秘密ですよ。

 

まとめ

今すぐVODサービスに登録して退屈な休日を抜け出しましょう。

おすすめは無料で始めれるU-NEXTやAmazonプライムです。

ではこのへんで。

Bye!

-VOD, ライフハック

Copyright© コモリスト , 2020 All Rights Reserved.