サラリーマン

【サラリーマンは負け組?】サラリーマンのメリット・デメリット徹底解説

現在、日本人の9割は給料をもらって生活(サラリーマン)しているといわれています。

「サラリーマンこそが日本を支えてきた」
「脱サラして楽して稼ぎたい」

など、サラリーマンによって意見は様々ですが、もちろんサラリーマンにもメリット・デメリットはあります。

そんな9割のサラリーマンの皆さん、もしくはこれからサラリーマンになろうとしている皆さんに、サラリーマンのメリット・デメリットについて、説明していきます。

ちなみに私は脱サラ希望派です(^^;
妻と旅行でもしながら、のんびり暮らしたいからですね。

 

サラリーマンのメリット

メリット①安定した給料

サラリーマンは毎月、決まった給料が入ってきます。

当然のことですが、これはサラリーマンの大きなメリットです。

フリーランスになれば、皆さんの実力次第でいくらでも上を目指せますが、反対に失敗すれば稼げないというリスクも背負うことになります。

その分サラリーマンは決まった給料が入ってくるので、安心です。

メリット②福利厚生

会社によりますが、一般的には福利厚生が利用できます。

例としては以下のようなものです

・社宅、住宅手当
・有給、産休、育休
・通勤手当
・健康診断
・資格取得の補助

などです。

うまく利用することで、暮らしを楽にすることができます。

メリット③社会保障の優遇

サラリーマンはフリーランスと異なり、社会保障が優遇されています。
社会保障には、「健康保険」「厚生年金保険」「介護保険」「雇用保険」「労災保険」があり、具体的にどう優遇されているかと言うと、

・保険料の半分は会社が負担
・納付の手続きは会社がやってくれる
・扶養されている人にも保険料が無料になるなどの優遇がある
・受け取れる金額がフリーランスに比べ多い
・雇用保険はフリーランスには無い
・休業の保障、遺族への保障などがある

などです。

他にも優遇されている点は多々あります。

逆にフリーランスは、上記の反対の条件という事ですね。

社会保障は圧倒的にサラリーマンを守ってくれます。

メリット④仕事が与えられている

会社の方針によりますが、一般的に皆さんは上司から与えられた業務をこなして、給料をもらっていますよね。
言われたことを、ただ普通にこなしていれば給料がもらえるのです。

メリット⑤社会的信用がある

やはり、大手企業ないし普通に会社に努めていれば、それだけで周囲の方から信用された目で見られるはずです。

「○○さんの旦那さんは〇oogleで働いているんですって」
「えー賢いのね、仕事できるのね、お金持ちなのね」
 偏見が入ってるかもしれませんがご容赦ください。これは極端な例です。

といった風に一般的には周囲からは認められるはずです。

メリット⑥税金の手続きが少ない

フリーランスは経費を管理し確定申告をする必要がありますが、サラリーマンはその面倒な手続きを会社がやってくれます。

ただし、サラリーマンでも多少の書類の作成等は必要です。

 

サラリーマンのデメリット

デメリット①給料が決まっている

サラリーマンのメリットとして安定した給料がもらえるとご説明しましたが、逆にそれは決まった給料しかもらえないという、デメリットでもあります。

超大企業に就職し何不自由なく生活していらっしゃる方は、おそらくこれはデメリットではないかもしれませんが、それはごく一部の人であって、一般的にはそうではないでしょう。

皆さんは「欲しいものがあってもすぐには買えない」「旅行に行きたくても行けない」「お小遣い制の為自由にお金が使えない」といった状態ではないですか?

皆さんがどんなに頑張っても、上は見えています。
無限に給料をくれる会社なんてありません。

デメリット②通勤時間がもったいない

日本人の平均通勤時間は約1時間と言われています。

電車通勤なら、読書などできるかもしれませんが、車通勤の方なんかは、ほぼ何もできません。
最近は聞く読書などが流行っているのでそういうツールを多少利用できないこともないですが、通勤は無駄であることに変わりはないでしょう。事故の可能性も格段に上がります。
1時間あればいろんなことができてしまいます。

年間200日働いたとして、200時間がもったいないです。

デメリット③人間関係

これが一番のデメリットと言っても過言ではないでしょうか。

会社に所属すると必ず人間関係が発生します。
そこには100%問題が発生します。

・理不尽なことを言われる
・パワハラ、セクハラ
・行きたくない飲み会に強制参加
・生理的に受け付けない人とも付き合っていく必要がある

などなど、人間関係の問題を言い出すときりがありません。

会社では、皆さんが関係を持つ人間を決めることはできません。
これは大きなデメリットと言えるでしょう。

デメリット④時間を搾取される

毎日8時間労働に加え、ほとんどの方は、残業・休日出勤をしていることでしょう。
それに見合った報酬は会社から支払われていると思いますが、(もし支払われていないなら即退職しましょう)1日の3分の1、極端に言えば人生の3分の1を会社に貢いでいることになります。

もちろん、その分給料はもらえますが、あなたの人生の3分の1に見合ってますか?

デメリット⑤ルールがある

会社にはその会社のルールがあるはずです。

業務の方法、副業がダメなど多岐にわたります。それに縛られながら仕事をこなす必要があります。

デメリット⑥リストラの可能性がある

もちろん会社に所属している以上、一般的に会社からの命令は絶対でしょう。

リストラを宣告された暁には、その瞬間から職を失い、給料は0。

生活していけなくなる可能性もあります。

最近では、年功序列で給料が多くなってきた、45歳でのリストラが増えているようですね。

 

以上がサラリーマンのメリット、デメリットです。

サラリーマンには、たくさんの長所・短所があることは理解できましたでしょうか。

皆さんは、サラリーマン、フリーランスどちらを選びますか?

ご自身に合った選択をしてくださいね。

私はフリーランス希望です。これは一生変わらないでしょう笑

今回は以上です。ご精読ありがとうございました。

-サラリーマン
-, , , , ,

Copyright© コモリスト , 2020 All Rights Reserved.